コウモリの巣、バットケーブへ行く!

コウモリの巣、バットケーブへ行く!

 

バタンバン2日目。

自分たちがバタンバンへ来た目的。

それはバットケーブへ行くこと。

場所はキリングケーブのすぐ近くです。

 

ここに来ると、バットケーブキリングケーブ見晴らしのいい山頂

の3点セットを観光することができます。

 

宿の人にお願いすると、トゥクトゥクを呼んでくれました。

宿のお抱えなのか、2人で往復12ドルでした。

お久しぶりのトゥクトゥク。

トゥクトゥクではひったくりに注意しましょう。

 

トゥクトゥクで30分程走ると、見えてきました。

奥に見える山みたいなやつがそうです。

これがバットケーブです。

夕方になると、ここから大量のコウモリが飛び立っていくそうです。

 

キリングケーブへ

この辺りは道も整備され、店が並んでいます。

夕方まで、時間があるので、この道を進みます。

なかなか斜面がきついです。

入り口で、バイクに乗った少年が「頂上まで1ドル」

と言っていたのを断ってしまったことを少し後悔しました。

 

20分くらい歩くと、キリングケーブに到着しました。

ここは名前の通り、処刑所みたいなものです。

先日書いたトゥール・スレン虐殺博物館に出てきたポルポト政権時代に

処刑所として使われていたようです。

当時この辺りはものすごい量の遺体の山だったのでしょう、、、

 

見晴らしのいい山頂へ

キリングケーブから少し登ると、山頂です。

見晴らしがめちゃくちゃいい。

日本ではあまり地平線は見られませんからね。

ただ、写真で見るとしょぼいね。。。

実際に見た方が断然キレイです。

写真の技術不足です、すいません。

 

バットケーブへ

17:00くらいになったので、下山し、コウモリを見に行くことに。

先ほどのバットケーブの前にはすでに人だかり。

自分たちもいい位置を陣取ろうとしていたら、

トゥクトゥクのおじさんが声をかけてくれました。

このバットケーブよりも、裏側の方がいいとのこと。

その言葉を信じて、裏側の穴場へ行くことに。

本当に穴場で、ほとんど人がいませんでした。

待っている間、おじさんは色んな話をしてくれました。

日本の援助ですごく助かっていること、

中国が山を掘って金を採っていること、

などなど。

現地の人とゆっくり話す機会ってあまりないので、

すごくいい時間でした。

 

このスポットではサンセットも見れます。

日が沈みはじめて、辺りが暗くなると、ついにその時が来ます。

ごめんなさい、すごく見にくいです。

こので囲んでる辺りに黒い細かいものが見えるんですが、

これがコウモリです。

この日は少し飛び始めるのが遅く、けっこう暗い状態でした。

暗い中すごいスピードで飛ぶコウモリを自分の技量では捉えられませんでした。

 

ただ、ホントにすごい量のコウモリが飛び出し続けます。

聞いた話によると、餌を食べに行くそうです。

 

これはなかなかすごいから、自分の目で見てほしいです。

 

このコウモリも、かつてのポルポト政権時代に、

この洞窟に大量の人の死肉があったために、

これだけ繁殖したとも言われているそうです。

 

いろいろな観光地がポルポト政権時代に繋がっているというのは、

すこし、複雑な気もしますね。

 

カンボジアって今まで訪れた国の中で、

一番印象が変わったくにかもしれない。

 

11/01の食事


フルーツ 1.00ドル ( 114円 )
Blue Diamond
パパイヤはおいしくないが、そのほかはおいしい。
65点


ワッフル 2.50ドル ( 285円 )
Blue Diamond
ココナッツの味がする。
サイズのわりに値が張る。
70点


ハンバーガー 3.50ドル ( 398円 )
Blue Diamond
牛肉のハンバーガー。
味付けはお好みでケチャップを。
75点


野菜チャーハン 2.00ドル ( 228円 )
Blue Diamond
野菜のチャーハン。
野菜は全体的に硬め。
75点


アイスティー 1.00ドル ( 114円 )
Blue Diamond
甘いアイスティー。クセがなく飲みやすい。
70点


なす炒め 2.00ドル ( 228円 )
Blue Diamond
オイスターソースで炒めたナス。
味付けはしっかりしているのに、何故か後味はない。
70点

11/02の出費 ( 2人分 )

宿 12.00ドル ( 1,366円 )
食費 14.00ドル ( 1,594円 )
移動費 15.00ドル ( 1,708円 )
雑費 0.00ドル ( 0円 )
合計 41.00ドル ( 4,667円 )

Comments 2